今更聞けない…⁉︎保育園と幼稚園の違いとは?

子育て情報
スポンサーリンク

あなたは保育園と幼稚園の違いについて、明確に説明できますか?

実はそれぞれメリット・デメリットがあるのです。

ちゃんと理解した上で入園準備したいですよね。

 

因みに、私は最近違いをしったよw

違いを知ってどこに入れたいかしっかりとリサーチしよう!

保育園とは

厚生労働省が管轄する、児童福祉施設です。

児童福祉法に基づいた運営方針が取られており、国家資格を持つ「保育士」が中心となって子ども達のお世話をします。

保育に欠ける事情がある。と判断された家庭の子どもを預かる場であり、事情とは、仕事や病気などで子どもの保育が十分にできない状態のことです。住んでいる自治体によって事情に対し優先順位があり、入園のしやすさにも影響が出てきます。

残念ながら優先順位が低い家庭は、人気の園に入りづらかったり、定員オーバーになってしまうと希望の年から入園できないこともあります。

幼稚園とは

文部科学省が管轄する、教育施設です。

教育基本法に基づいた運営方針で、幼稚園教諭免許状を持つ「教員」が子ども達の教育を行います。

園での生活を通じて、生活習慣・集団生活などの社会ルールを体験させたり、絵を書いたり・音楽に触れさせたりと感受性を養うこともできます。

保育園とは違い、一定の年齢になれば入園できます。しかし定員オーバーになってしまうと入園することができない、と言う点は保育園と同じです。

認定こども園とは

内閣府の管轄ですが、厚生労働省・文部科学省とも連携をとっている、幼保連携型施設で、2006年に新しく制定されました。

保育園・幼稚園の両方の目的を併せ持っており、基本的な機能は変わりません。2つの良いとこ取りとも言われ注目されていますが、まだ数が少なく、人気も高いです。

こども園といっても種類は多岐にわたり、大きく幼保連携型・幼稚園型・保育所型・地方最良型の4つに分けられます。それぞれ特徴があるので、入園希望の時には必ず確認をしておく必要があります。

それぞれのメリット・デメリットを比較!

【保育園】

メリット:

・0歳〜預けられるため、早い段階で職場復帰ができる。

・保育時間が長いため、働きに出やすい。

・給食が出る。

・長期休暇がないので、お盆などでも預かってもらえる。

・トイトレなども手伝ってもらえるので、スムーズに進む。

デメリット:

・シーツやタオル、着替えなど、持ち物が多く準備が大変。

・あくまでも「保育」が目的のため、幼稚園に比べ教育の時間が少ない。

・平日に家庭で一緒に過ごす時間が減る。

・入園後も保護者が退職などをすると退園する必要がある。

【幼稚園】

メリット:

・食事のマナーや友達との交流など、社会的マナーが身に付く。

・教育面でのサポートがあるので、小学校入学前から、読み書きなどの勉強が始められる。

・昼過ぎにはお迎えなので、その後習い事などに通いやすい。

・入園後に保護者が退職しても継続して在籍できる。

デメリット:

・3歳〜しか預けられない。

・給食が出ないところもあり、お弁当が必要になる。

・保育時間が短いため、フルタイムでの職場復帰が難しい。

・保護者参加の行事もあり、共働き家庭は負担に感じることがある。

【認定こども園】

メリット:

・0歳〜5歳まで預けることができるため、幅広い年齢層との交流ができる。

・体操や英会話などを取り入れている園もあり、幼児教育が充実している。

・保護者の就労状況に左右されないので、転職や退職をしても同じ園に通い続けることができる。

デメリット:

・数が少なく入園希望が殺到すると希望の園に入れない可能性がある。

・園ごとに特徴が異なるため、事前に見学をするなど、リサーチが必要。

・3歳クラスにあがると行事が増え、負担に感じる家庭もある。

保育園・幼稚園入学前に知っておこう!

保育園・幼稚園・認定こども園と似ている様ですが、調べてみるとそれぞれ特徴がありますね!

何歳から預けたいのか。何歳まで預けたいのか。園での生活の様子や、保育時間も大きく変わりますし、年間行事の数によっても通いやすいかどうか影響してきます。

それぞれのご家庭の状況に合わせた園選びができるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました